メンバー紹介
Member

member.03

密度の濃い多職種チームで、
助け合い高めあえる環境です。

ビュートゾルフ練馬富士見台

理学療法士

竹元 慎太郎(週40時間勤務)

スタッフインタビュー_竹元慎太郎

きっかけについて

どうして理学療法士になろうと思ったのか(なったのか)お聞かせください。

最初は親が看護師だったのもあり看護師になろうと思っていましたが、親からスポーツが好きで運動するのも好きなら理学療法士はどう?と言われそのまま理学療法士を目指しました。

看護師になってみて感じたこと

実際に理学療法士になってみて感じたこと、考えたことをお聞かせください。

手技や治療方法など悩みましたが、一番考えさせられたことはゴールや目標設定でした。難しい話ですが、必要とされる仕事でありたいと思う中でそのご利用者様、患者様のことを考えたら自分たちが関わらない生活を送れることが一番健康で幸せな生活ではないかと思ったからです。
また継続して関わる方でも、維持が目標となってしまうことにいつも考えさせられました。

訪問看護について

どうして訪問看護業界に入ろうと思ったのか(入ったのか)、お聞かせください。

ご利用者様の在宅という一番生活に近い環境で関われると思ったからです。

実際に訪問看護業界に入ってみて感じたこと、考えたことをお聞かせください。

リハビリをするときには一対一での関わりとなり、責任がとても伴う職場だと感じています。しかしその反面、利用者様と対面していない時間は多職種とのチームとしての動きの大切さや密度がとても濃いように感じ、また考えることが多くありました。

ビュートゾルフについて

ビュートゾルフをはじめて知ったのはいつでしたか?はじめて知ったときにどう感じましたか?

最初は単純に自分の自宅の位置から訪問を探していたのですが、「みなし制度」やご利用者様へのパフォーマンスを最大限発揮できる環境、そして自主性が伸ばせる環境という話を聞きビュートゾルフで働かせていただきたいと思いました。

ちいき・ケアで働いてから感じた、ビュートゾルフの良いところを教えてください。

最初入職した際に専業主婦の妻の手助けをできる時にはしたいとも考えていたので、子供や妻の体調が悪い時にチームでスケジュール調整などしていただき助けていただける環境や、その分他で自分からも周りへ補える環境があるなどとても助かっています。
またチームとしてどれくらいの売り上げが上がっており、意見や活動などがどのように反映されているか目に見えて働けているので、実際に運営も学べ良い経験になっていると感じています。

逆に、ビュートゾルフならではの難しさがあれば、教えてください。

医療・福祉現場ではあることなのですが、自分のパフォーマンスを100%発揮しても10%発揮しても頂ける代価は変わらないので、自分がどれだけの能力を発揮するかは自分次第というところです。ビュートゾルフにある「みなし制度」というのは「既定の訪問に行けば一日働いたと同じ扱いとなる」という点から、さらに「自分がチームやご利用者様にどれだけのパフォーマンスと成果を発揮できるか自分自身で決定することになる」という点が最初はとまどい、どこまでやれば良いのだろうと考えさせられる難しい点ではあるなと思いました。

あなたは、ビュートゾルフのチームメンバーとして、どんな人と働きたいですか?

仕事とプライベートを両立でき、チームとして助け合うことも高めあうこともできる方と働いていけたら良いなと思います。
また何事も重くとらえ過ぎず、まずは何でも軽く話し合える関係が築ける人が良いなとも思いました。

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

受付時間 平日8:30〜17:30(土日・祝日・年末年始を除く)

  • 採用情報
  • お問い合わせ

わたしたちは「セントケア・グループ」です

セントケア・ホールディングス

東証一部上場。全国500以上の拠点と、30年の歴史がつなぐ地域との絆。
セントケア・グループはトータルな介護・看護サービスを全国規模で展開し、躍進しております。