Buurtzorgとは
Buurtzorg

はじめに
Introduction

ビュートゾルフ(Buurtzorg)はオランダの地域看護師であるJos de Blok(ヨス・デ・ブロック)氏が2006年に創業した非営利の在宅ケア 組織です。

1990年代、オランダではケア事業者が大規模化し専門職への管理強化と分業が進みました。その結果、看護師は自律性とやりがいを奪われ、利用者も細切れのケアへの不満を高めていきました。

「看護師が本来の専門性を発揮することができれば、もっと良いケアを持続可能なかたちで提供できるのではないか」という考えのもと、ビュートゾルフ(Buurtzorg)は立ち上げられました。

現在ではオランダの在宅ケアにおいて、高い支持を得ています。

こんなことで悩んでいませんか?

  • 職場の仲間に恵まれていない

  • 自分の看護観と現実に
    ギャップを感じている

  • リハビリに対する想い
    実現できていない

  • 医療職としての自分の将来
    不安を感じる

Buurtzorgは医療職としての
「自分の働き方・生き方に誇りが持てる」
在宅ケア組織です。

Buurtzorgの特徴
Feature

指示命令系統のないフラットな組織

1事業所の職員は12名まで、看護師を中心とする小規模なチームで自律的に運営しています。
マネジメント階層を置かずチームにほぼ全ての権限が移譲されているので、情報共有を活発に行いながら、利用者にとって最善のケアを探ることができます。
その結果、メンバーの創造性が十二分に引き出され、メンバー・利用者双方の満足度が非常に高いケアができるのです。

Buurtzorgはこんな想いを実現します

ご利用者

Buurtzorgは医療職に関わる全ての人が
「自分の生き方に誇りが持てる」
在宅ケア組織です。

理念
Mission

利用者の欲求に応えるため、私たちは何をすべきか。

信頼関係の構築

利用者とスタッフの人間的な関係を基盤にケアを行います。

ネットワークの協働

自立支援とQOL向上につながる“最良の解決策”を見出すために、利用者と利用者の持つネットワークを合わせてともに活動します。

フラットな自律型チーム

専門性の高いケアを責任を持ってチームで提供します。

利用者の考え方について

利用者が望んでいるのは、個別機能の提供ではありません。日々の生活の質や関係性、そこから生まれる安心、満足、喜びという感情を欲しています。

  • 自分の暮らしを、できるだけ長く自分でコントロールしたい
  • 生活の質を改善し続けたい
  • 自分の住む街で社会参加したい
  • あたたかい人間関係が欲しい→個別機能の提供ではなく、信頼と尊敬に基づくソリューション

専門性の高いケアについて

  • コンテクスト(文脈)や環境を重視し、利用者を全人的にみる
  • 実践的な知、クラフトマンシップ(職人魂)、そしてエビデンスに基づく自律的で確かなるもの
  • つねに質の向上を目指す変革者としての態度
  • 質と生産性といったアウトカムに対する責任、その説明責任を持つ
  • 自ら振り返り、ナレッジを共有し、学びあい支えあうチームワーク

メールアドレスをご登録いただくと、現在募集中の採用情報や採用の流れなど、ちいけ・ケアの情報をお送りします。

ミーティングの様子

ちいき・ケアの訪問看護を見学しませんか?

ちいき・ケアでは毎週ランチミーティングを開いています。ちいき・ケアの訪問看護に興味がある方は、是非一緒に参加してみませんか?きっと訪問看護やBuurtzorgの魅力を感じていただけると思います。是非お気軽にお問い合わせください。

ミーティングの様子

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

受付時間 平日8:30〜17:30(土日・祝日・年末年始を除く)

  • 採用情報
  • お問い合わせ

わたしたちは「セントケア・グループ」です

セントケア・ホールディングス

東証一部上場。全国500以上の拠点と、30年の歴史がつなぐ地域との絆。
セントケア・グループはトータルな介護・看護サービスを全国規模で展開し、躍進しております。